政治家さんのつぶやき

政治屋さんのツイッターまとめ

あべともこ(衆議院議員・小児科医)さんの発言アーカイブ – 2017/6/4

calendar

0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/23 20:33

治安維持法は大正十四年に作られ、昭和三年国体の変革や私有財産の否認、またその実行を協議したるものを罰する法体系となった。奄美での布教で沢山の信者を得て、直後の三月三日の式典のお供えものに国家転覆の意図があるとされ逮捕へと繋がる。内心を推し量る側が国家や権力である時冤罪は容易。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/24 19:34

与謝野馨さんご逝去と。政界を引退され喉頭癌を患われてからも、ご自身のライフワークである財政再建について活発に発言を続けられた。私にはよく医療費は削減ではなく充実すべきとのお話をされていた。財政再建の信念が政党帰属よりも重かったから民主党政権では財務大臣になられた。ご冥福を祈る。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/24 20:04

私は財政再建派ではないが、与謝野馨さんや民進党藤井裕久さんには、平和であるためには財政再建が不可欠、という強い信念を感じる。財政規律が乱れアジア太平洋戦争へと向かった歴史をみての信念なのだろう。貧困があらゆる世代に影を落とす今日、この不安を戦争へと向かわせない道が問われている。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/25 06:40

今朝も原発ゼロの会、来週月曜日の柏崎刈羽原発の視察打ち合わせ。国会では共謀罪法案が衆議院を通過、そして今朝の前川前文部科学次官発言で加計学園問題の激震が走る。私達ゼロの会は超党派、常にそこにある危険な原発をどう終わらせるか、それを必死に考え提言し続けている。今朝も7時は早い。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/25 20:02

共謀罪審議の立役者、金田大臣の珍妙答弁、実は笑えない。ビールとお弁当なら花見、双眼鏡と地図なら下見とかがまかり通るなら、何でも取り締まれる。かつて大本教の弾圧では、林檎を三つ、大根一本、芋を十七、八個祭典の供物としてその後に分け与えたことが国家転覆の意図と見なされたのである。

0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/25 20:10

基本的人権の根幹にある内心の自由が、こんなに簡単に監視され権力側の勝手な解釈に委ねられてよいのか、身震いするほど息苦しい。自由もないし民主的でもないことに、何故自由民主党からの反論がでないのか。それ以上に公明党議員の本会議賛成討論は宗教弾圧の歴史を知らずか、権力に寄り添うのみ。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/26 21:53

民進党に徹底して戦う覚悟があるのか、それを国民はみている。前川前事務次官があれだけの発言をして、しかし与党は証人喚問に応じようとはしない。全ての委員会を止める覚悟で証人喚問を求めるべきである。しかし参議院では月曜に共謀罪本会議合意。一日でも審議を遅らせることも廃案への道なのに。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/28 11:10

今日午後三時から藤沢の大庭公民館で国政報告会、共謀罪が問題となっている折から、世田谷区長保坂展人さんもゲストとして参加。過去三回、保坂さんは当時は衆議院議員として鋭くこの共謀罪の矛盾をつき廃案に追い込んだ立役者、その後区長に転身したのは東日本大震災で桜井南相馬市長に会ってから。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/29 08:02

今朝は原発ゼロの会で柏崎刈羽原発視察、早くに国会事務所に立ち寄り、これから東京駅に。当初はゼロの会のメンバー衆議院参議院十一人の予定だったが、急遽本日の参議院本会議での共謀罪審議で、参議院側がこられず、七人に。それにしても共謀罪の参議院審議入り、酷い。強行採決もすいすい可能。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/29 08:42

国連人権委員会特別報告者ケナタチさんからの指摘をうち消そうと必死な政府、国連事務総長に国連の総意かと確認する始末。人権の世紀に、指摘を受けてどうどうと意見交換さえできないなんて恥ずかしい。民進党としてケナタチさんを招聘してヒアリングをすべきと、党執行部にも提案したがさてどうか。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/29 08:58

国連特別報告者ケナタッチさんの招聘をしてはどうか、というのは実は昨日地元藤沢で講演をして貰った保坂展人さんのアドバイス。人権について真摯に考えていくべき時代に、今回の拙速な共謀罪審議で懸念されることが何か、改めて視点を広げる必要もある。折しも始まる参議院での審議にも役立つはず。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/29 10:15

長岡をすぎてもうすぐ新潟に。新幹線の車窓から見える水田には水がはられて、田植えされた早苗が揃う。最大の米所新潟を、放射能で汚染させる訳には行かない。自然豊かな福島を、今も苦しめ続ける原発事故を見て、新潟県民は安易な再稼働を拒否する米山知事を選んだ。到着後まず新潟県庁に表敬予定。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/29 21:03

柏崎刈羽の原発視察、印象に残ったこと三つ。まずは鳴り物入りの免震棟は結果として地震の安全基準を満たさないこと、一号炉から四号炉の海側の防波堤は地盤の液状化で傾くこと、そして再稼働申請の出ている六号炉、七号炉は緊急対策室をすぐ隣接する五号炉に検討していると。どれも如何なものか。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/30 07:33

昨日の柏崎刈羽視察、実感したのはそもそもの日本の原発政策の歪みだった。柏崎刈羽、そして隣接の西山は明治中期から昭和四十八年迄油田が操業され、それに入れ替わるように原発が誘致、西山は田中角栄の出身地である。以降高度経済成長の波とともに七基の原発が置かれたが、足元の地盤は液状化。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/05/30 07:44

高度経済成長の夢と欲望が重なり、七基まで増えた原発は東洋一、否世界一の原発銀座として勇名を轟かせた。そこに中越地震、中越沖地震という、海からも内陸部からも起きた地震、すなわちこの地の地歴を思い出させる警鐘が鳴った。にもかかわらず今も再稼働を夢見る。足元は揺らぐまま。福島の後も。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/01 07:11

今日は原発ゼロの会。朝方のニュウスで先日ゼロの会で視察した柏崎刈羽原発の立地自治体である柏崎市の桜井市長が、一号炉から五号炉の廃炉を六号、七号炉の再稼働の条件と発表、少なくとも七基の原発銀座は解消する。東電は決断すべき。そもそも液状化が著しい軟弱地盤。防潮堤すら傾くのだから。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/01 20:00

本日衆議院議会運営委員会で、内閣提出の天皇退位特例法が可決された。恒久法とすべきという立場をとる自由党が退席して、残る会派は全て賛成。私はそもそも皇室典範の改正として恒久法で行うべきと考える。また内閣が法案を提出すべきではない。内閣が象徴としての天皇の退位を扱ってよい訳がない。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/01 20:37

憲法の第一章には主権者である国民の象徴として天皇が定められている。今日は党の憲法調査会で小林よしのりさんからこの象徴天皇の意味を伺った。自ら国民に近く開かれた天皇像を示された平成天皇を氏は高く評価、私も同感。だから政府提出の法案では憲法に反する。小林さんはご存知なかったかも。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/01 20:56

民進党の議員の多くも、実は議員が中心になり提出する議員立法にすべき、と考えていたのにいつの間にか政府提出法案になり、党内でいくらそれを指摘しても各党協議の結果だから、と押しきるばかり。本当に天皇の退位を内閣に委ねてよいのか、真剣な論議はない。国会議員全体の憲法軽視ではないか。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/02 09:00

昨夜のTBS前川前事務次官へのインタビュー、安倍政権と内閣人事局を通じて行われる官僚への支配が、いかに行政をねじ曲げているか端的に語った。森友学園問題だって、財務省による八億円バーゲンセール以上に、幼児教育への政治介入が問題。「もりですか、かけですか?」は歪められた教育の問題。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/02 09:12

民進党がそこ迄安倍政治の本質を自覚した時、まさに未来への介入、子供たちの将来をねじ曲げる悪政として、前川前事務次官の問題提起を受け止めて全力で証人喚問を求めるべきだ。言葉だけでなく審議を止める覚悟をもって、そもそも審議拒否はしないという方針の共産党をも巻き込まねば未来を無くす。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/02 14:55

今日行われた内閣提出天皇退位の特例法案の採決には欠席。そもそも国民の象徴たる天皇の退位を、内閣というその時の権力が法律で決めてよいとは思わない。あくまでも国民の代表である議員の立法によらねば、憲法違反にあたる。第二に皇室典範の改正による恒久法として退位を認めて行くべきだから。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/02 18:53

天皇退位の衆議院本会議に先だち女性宮家の検討が決議されたが、その時期は天皇が退位されてからと。即ち最大三年先。そしてその内容も女性天皇に踏み込むものではなく、単に皇族の減少対策と負担分担だけ。そもそも象徴天皇のあり方が問われている時に、女性天皇はダメと。国民感情とは大きなずれ。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/04 19:37

雑誌FACTAの「天皇VS安倍」の第三ラウンドという記事、核心をついている。天皇退位を快くは思わない安倍総理が、「一代限り特例法」に天皇の譲位を押し込め、おまけに全ての運びを手の内にすべく内閣提出としたと私には見える。そもそも議員立法でやるべきを内閣に委ねたは国会の大きな過ち。
0:あべともこ(衆議院議員・小児科医)@abe_tomoko

2017/06/04 21:30

そもそも今何故こんなに急いで中途半端な天皇退位の特例法を成立させねばならないのか?象徴天皇の務めとして国民が何を期待するのかは一切語られず、政党間の調整と挙げ句に内閣提出法案となり、女性宮家の検討さえも三年送り。小泉政権の時ですら女性天皇の話題はあったはず。国会論議は国民不在。